• `, 4

  • 1

  • 2

  • 3

  • 3`

  • 3'

  • 4'

  • 5

  • 6, -

  • 6', -'

  • 0, o

  • 0', o'

  • f'

  • .

  • a

  • ae

  • n

  • v

  • z

  • l

  • d

  • s

  • i, yi

  • u

  • yu

  • t

  • t'

  • r

  • r'

  • e

  • ye


IPAで入力する方法

このキーボードには、IPA文字を入力し、テキストをIPAで正しく表示するための特殊なキーがあります。オンライン IPA キーボードを使用するには、テキストに挿入したい IPA 文字をタイプしてクリックします。または、文字の下にあるコードを直接入力することもできます (たとえば、3 は ɛ、v は ʌ など)。

文字の大きさは、quot;Aa"のアイコンを選択することで、最も快適なサイズを選択できます。また、上部の文字や入力中のテキストの色を変更することもできます。

入力が完了したら、次のステップに進みます。

IPAで文章を作り終えたら、右下の"copy"を押して、文書に貼り付けます

IPAとは?

International Phonetic Alphabet (国際音声記号) は、話し言葉の音を書き留めるために使用されるシステムです。IPA は、口頭言語の一部である音声の質のみを表現するように設計されています。

IPAの記号は、文字と発音区分という2つの基本的なタイプの1つまたは複数の要素で構成されています。たとえば、英語の文字 ⟨t⟩ の音は、IPA では文字で、または文字と発音区分符号で、どれだけ正確にしたいかによって転写されるかもしれません。多くの場合、スラッシュは広義の音素変換を示すために使用されます。したがって、/t/ は、たとえば /tʰ/ よりも特定的ではありません。

文字は書き言葉の構成要素です。

文字は書き言葉の構成要素であり、組み合わせて異なる音、つまり書記素を作ることができます。文字は、発音区分符号を使用して変更することもできます。発音区分符号は、文字の上、下、前、後に配置されることがありますが、ほとんどは文字の近くに表示されます

現在、国際音声記号(International Phonetic Alphabet)は117の異なる記号を使用しています

IPAは主に辞書で単語の発音を示すために使用されています。

IPAは主に、単語の発音を示すために辞書で使用されます。これらは伝統的に、/ˈtɛləfɔn/ or /ˈbækˌʃɜːt/. のようにスラッシュに挟まれて書かれています。しかし、現代の辞書では、/ˈˈ or /ˈbækˈˈのように、この目的で括弧を使うことがより一般的になっています。IPA の記号を広範囲に使用する辞書もあれば、いくつかの注釈だけを使用することを好む辞書もあります。

国際音声記号(International Phonetic Alphabet)の特徴の1つは、限られた記号のセットを使って、どの言語のどの音でも書くことができることです。

国際音声記号(International Phonetic Alphabet)の特徴のひとつは、限られた記号であらゆる言語のあらゆる音を表記できることです。また、ヒンディー語のように、より複雑なものもあります。

IPAを使用すると、特定の言語に対応していない音を書くこともできます。これは、IPAチャートに余分な記号を追加することによって行われます。たとえば、英語の「ʃ」は、「ʃ + /i/」と書くことができ、これは、声なしの口蓋摩擦音に高い前方母音が続いていることを表します。この音はどの言語にも存在しませんが、音声転写で英語の/ʃの音を表現するのに使うことができます

このキーボードはすべてのブラウザーで動作しますか?

このキーボードは、すべてのモダンなブラウザー (Chrome、Internet Explorer、Safari、またはその他) で動作します。私たちのウェブサイトには、他にもたくさんの英語学習リソースがあるので、自由に見て回ってください! また、英語→IPA





Copyright

© 2012-2021 Shudian Ltd.|Privacy Policy & Terms of Use|Contact us

- All rights reserved.